ブログ

ブログ

子ども達の遊び場について

2020-04-04

Hello everyone☆

オペアライフ担当のNISHINAです。

 

少しずつ気候も暖かくなり、春を感じられるようになりましたね(*^^*)

今はコロナウィルスの影響で、どの世界でも大変な状況ですね。

 

早く終息することを願います。

 

 

 

 

本日は、アメリカでの子ども達の学校後の様子を紹介致します!

 

⽇本と違いアメリカでは犯罪に巻き込まれないように、登下校の際に⼦どもが基本的に親が付き添います。

アメリカのドラマや映画でもよく見られるシーンだと思いますが、学校の前まで車で送り迎えをしています(*^_^*)

⼀般的にはスクールバスで登下校も可能で、学童保育の⾏き帰りも専⽤バスを利⽤します。
⽇本のように、⼦ども達だけで登下校するケースはほとんどありません。
⾞社会のアメリカでは、親が⾞で公園に連れていくケースがほとんどです。

アメリカでは放課後の⼦どもたちの居場所がたくさんあります。学童保育(After School Program)はYMCAや
各種⺠間団体が18時くらいまで有償で預かってくれるサービスです。
貧困家庭や移⺠家庭の⼦供たちに補習授業を⾏ったり、⼦ども達を⾮⾏や犯罪から防ぐための取り組みをしたりしています。
アメリカの⼀⼾建てには、プールやBBQスペースが付いていたり、裏庭に遊具があったりします。

 

⽇本と⽐べものにならないほど⼦どもが被害に遭う犯罪が多いアメリカでは、⾃宅で遊ばせることはとても安全なことなのです。
アメリカの⼦供の遊びも⽇本の⼦供の遊びと同じような『かくれんぼ』や『ハンカチ落とし』のような
遊びもあります!
アメリカにオペア留学した際には、ホームステイ先の⼦ども達と楽しく遊んで下さいね♪