ブログ

ブログ

オペア留学と一般留学の違いとは?

2020-08-08

Hello, everyone!

オペアライフ担当のNISHINAです。

 

 

認知度が少しずつ上がってきているオペア留学ですが

一般的な語学留学と何がどう違うのでしょうか?

一般留学はアメリカに1年間滞在の場合、渡航費・住居費学費・生活費・学費を
合わせて平均でも年間300万から400万の費用がかかると言われています。

それに比べオペア留学は日本からアメリカの渡米費用の往復航空券が無料になります。
ホームステイをしながらチャイルドケアをしますので滞在費は無料になります。

一般的な語学留学を大きく違う点は、就労が可能ということです。
一般語学留学は学生ビザ(F-1ビザ)を使用しアメリカへ入国します。
学生ビザ(F-1ビザ)の条件は大学や語学学校などの教育機関にフルタイムの
学生として登録され、就労はすることは出来ません。
オペアプログラムで入国すると、J1ビザになります。
J1ビザで入国した場合は就労が許可され、パートタイム学生としての登録となりますので、
語学学校やコミュニティーカレッジのとして学ぶことが可能となります。

オペアプログラムでは最大500ドルの学費補助受けることができ、
ホームステイ先でベビーシッターをすることにより年間約100万円程収入を得ることが出来ます。
有給休暇もあるので、友人と旅行に行ったり楽しいアメリカライフを送ることもできます。

一般の留学は費用がかかるため、ハードルが高くなりがちですが、
オペア留学だと留学も身近になりそうですね(*^-^*)

 

オペア留学の後に本格的に語学留学を検討される方も多いです。

選択肢がさらに広がるのも魅力の一つですね♪