ブログ

ブログ

アメリカの9月

2020-09-05

Hello, everyone!

オペアライフ担当のNISHINAです。

 

 

まだまだ暑い日が続いていますが、皆様お元気ですか?☀

学生にとって、日本の9月といえば夏休みが明けて

学校がまた始まる・・という印象が強いと思います。

また、8月は宿題がたくさん出る思い出もありますよね。

 

アメリカでは、9月が新しい学期・学年の始まりとなっています。

そして、新学年が始まる前のお休みなので、なんと宿題もないのです。

 

宿題がないと聞くと、なんて楽ちんで長い長いお休みなんだ!と感じますが、

高校生や大学生は、夏のクラスを自ら受講し勉学に勤しむこともよくあります。

次の学年に上がる準備として勉強をして、時間を有効活用する子どもも多いのです。

 

しかし、2ヵ月ほどの長いお休みは保護者の方、

日中に働いている場合は子どもたちの預け先問題が出てきてしまいます。

 

実は、アメリカでは13歳未満の子どもだけでお留守番などを

させてはいけないという法律が定められているのです!

もちろん車の中で待つことや、外を歩くことも全て禁止です。

 

こういった事情もあり、

アメリカではベビーシッターさんの需要がとても高いのです!

 

 

そしてアメリカの9月イベントはもう一つ♪

 

9月第1月曜日に “Labor Day”という祝日があります。

簡単に言えば、働いている人々を労う日ですが、

アメリカでは“夏休み最後の日”という受け入れ方が主流になってきているようです。

夏休み最後の祝日を家族で過ごすことが多いので、

最後に夏らしいことをする!と意気込む人もいるみたいです(*^_^*)

アメリカらしくBBQなんて良いですね♪

 

週末にセールを行うところも多いので、

そういった楽しみ方も良いと思います。

 

日本とはまた違った祝日の過ごし方を経験出来るのは、

留学する特権ですね♪

また色々とご紹介します!