オペア体験者の声 Experiences28 安河内 希美さんさん|【オペアライフ by B.I.C】

オペア体験者の声

オペア体験者の声 Experiences28 安河内 希美さんさん
憧れの地を満喫しました

2019.12.16Experiences

憧れの地を満喫しました

安河内 希美さん(21歳)
滞在先:カリフォルニア州
滞2年(2017年~2019年)

オペア留学を決意したきっかけは?

従兄弟が国際弁護士で、しばらくロサンゼルスに住んでいました。一度祖母と叔母と一緒に遊びに行ったときにとても楽しかったのですが、もう少し英語が話せたらともどかしかったんです。ちょうど保育士の試験が終わったときにオペアのチラシをもらって、検索をかけたらロサンゼルスでオペアを募集しているホストファミリーをみつけて、これだ!と思いました。

オペア留学の感想は?

ホストファミリーが決まるまでちょっと時間がかかりました。ロサンゼルスがいいと決めていたから・・・。でもそのおかげで家族の一員として扱ってくれるホストファミリーに出会えたと思っています。ロサンゼルスでの生活を私が楽しめるようにいろいろと気を遣ってくれましたし、ホストマザーが日系の方だったので「日本人が好きそうなところ」にたくさん連れて行ってもらったんです。
以前遊びに来たときには英語をもっと話せたら・・・ともどかしさを感じていましたが、今回はもっとハリウッド映画に精通していたら・・・ともどかしさを感じていました。

実際にどんな体験や勉強をしましたか?

8歳と10歳の女の子のお世話が基本でした。学校への送り迎えとホストマザーかホストファザーが帰ってくるまでのお世話が中心です。土曜日は日本語の補習学校へ行っていたので、そちらの宿題もみてあげていました。子どもたちとは結構日本語で会話していましたね。ホストマザーと子どもたちも日本語で会話していましたが、私とホストマザー、ホストファザーは英語でやりとりして、鍛えてもらいました。土日が基本的にお休みで、自由に観光していいと言われていたのですが、ホストファミリーがいろんな所に連れて行ってくれました。

これからの目標は

オペア帰国後の現在は学校に通いながら保育園で保育補助のボランティアをしています。春からインターナショナルプリスクールでの採用が決まりました。日々英語力が落ちないように子どもたちとたくさん会話して、保育士としてもキャリアップしていきたいと思っています。