オペア体験者の声 Experiences39 谷本 幸菜さん|【オペアライフ by B.I.C】

オペア体験者の声

オペア体験者の声 Experiences39  谷本 幸菜さん
余裕をもって申し込んでよかった

2020.12.28Experiences

男の子の悩みがかわいかったです

谷本 幸菜さん(21歳)
滞在先:ジョージア州
滞在:1年(2019~2020年)

オペア留学を決意したきっかけは?

海外の保育や教育、子どもたちと日本の保育、教育、子どもたちの考え方の違いについて勉強していた時に、実際に海外の子どもたちに触れてみたいと思っていました。

学食に大きくオペア留学のポスターがあったので、渡りに船とばかりに問い合わせたのがきっかけです。ホストファミリーとのマッチングがうまくいくまで時間がかかると聞いていたのですが、思ったよりとんとん拍子に決まって、ホストファミリーと両親から了解を得て2年生の1年間留学することに決めました。

オペア留学の感想は?

本当にあっという間でした。コロナウィルスのせいで帰国が決定しなければ、もう1年居たかったくらいです。語学に関して一番成長できたのはリスニングだと思います。日本では自信があった英会話の発音も、ネイティブの人にはぜんぜん通じなくて。しかもゆっくり話して欲しいとお願いしないと聞き取れなかったんです。その点フォローしてくれたホストファミリーに感謝です。プレスクールも送迎の合間に見学させてもらうことができましたし、もっと中に入って体感したいと思いました。いずれはアメリカに帰ってくるぞ、と思っています。

実際にどんな体験や勉強をしましたか?

5歳と10歳の男の子のお世話がメインでした。プレスクールへの送迎とスクールバスのバス停までの送迎、他は一般的な家事とプライベートスクールに語学の勉強にちょっと通わせてもらってました。
ホストファザーが当時2年後に日本に転勤が決まっており、私と話すときは家族は日本語とルールが決められており、オペア留学前は要所要所で日本語を教える感じなのかなと思っていたら、がっつり家の中では日本語。若干不安になりましたが、子どもたちは私と話すときも英語だったので、子ども達に鍛えてもらった感じです。兄弟それぞれ好きな女の子にからかわれるという悩みをもっていて、その愚痴もかわいくて忘れられません。

「ヨシュアちゃんがすぐにくすぐってくるんだけど、細くて色白で弱そうだからって言われたんだ」なんて言ってくるのを「もう一回ゆっくり言って」とついからかいそうになっていました。

日本に異動する時期が決まったら連絡すると言われていましたが、まだ新型コロナウイルスの影響のせいか連絡がきていない状態です。

これからの目標は

オペア留学から帰国後は日本の短大に復学しました。インターナショナルスクールやプリスクールに就職するために、幼児英語を勉強しながら幼稚園教諭と保育士資格の勉強を続けています。まだ先がみえない状況なので明確な時期は決めていませんが、またアメリカで子どもたちに関われる仕事がしたいと思っています。