アメリカオペア留学基礎知識 オペア留学と一般語学留学の違い|【オペアライフ by B.I.C】

050-5807-3293 050-5807-3293
日本国内受付 10:30~17:00 (定休日:年末年始)

アメリカオペア留学基礎知識

アメリカオペア留学基礎知識

語学留学をしたいと思っている方にとって、オペア留学が一般的な語学留学より条件や費用的におすすめな点をご紹介致します。

オペア留学と一般語学留学の違い

オペア留学は費用が安い

オペア留学は費用が安い

少ない費用で渡航できる

一般的な語学留学でアメリカに1年滞在する場合、平均的な留学費用は年間300万~400万円と言われ、留学費用の中には、学費/住居費/生活費/渡航費が含まれています。

学費が高額な大学や語学学校や円安傾向になればさらに費用がかかってしまいます。
また、アメリカは健康保険がありませんので、病気や怪我に備えて保険の加入も必須になります。
これから費用を貯めなければならない方には、高額な費用はハードルが高い問題です。
また、ワーキングホリデーを利用して海外に長期滞在を考えている方も、国によっては銀行の預貯金残高の証明が必要となり、数十万円単位の資金を予め準備しなければなりません。
この高額な留学費用が用意できる方は良いのですが、難しい方におすすめなのがオペア留学です。さらに、日本からアメリカの往復航空券も支給されるので、ビザ申請など少ない費用で渡航できます。

滞在費・食費が無料!

滞在費・食費が無料!

留学費用の中で大きな割合を占めるのが滞在費

アメリカの郊外はアパートの家賃も比較的安くなっていますが、大きな都市の家賃は日本の都会に住むよりも高額です。
例えばニューヨークなどは、近郊の街でも家賃は高額となっています。
また学校のドミトリーなども、アパート家賃よりは安いですが毎月一定の費用がかかります。

オペアプログラムは、ホームステイをしながらチャイルドケアをしますので滞在費は無料になります。
ホームステイ先では個室が用意されているので、プライベートもしっかり確保できます。
また、食事も1日3食付きなので、物価が高いアメリカで食費の心配もいりません。
食費や滞在費が無料になるオペア留学の制度を有効的に使って、語学留学や長期滞在をしませんか?

報酬がもらえる

報酬がもらえる

一般的な語学留学を大きく違う点は、就労が可能

一般的な語学留学は学生ビザ(F-1ビザ)を使用しアメリカへ入国します。
その場合、ビザの条件は大学や語学学校などの教育機関にフルタイムの学生として登録され、就労は許可されていません。
オペアプログラムで入国した場合は、J1ビザになります。このビザで入国した場合は就労が可能となり、語学学校やコミュニティーカレッジのパートタイム学生として学ぶことができます。オペアプログラムの報酬は年間約100万円、さらに最大500ドルの学費補助が受けられます。
オペアプログラムでは有給休暇もあるので、学校の友人と旅行に行くなど楽しい語学留学ライフを送れます。