アメリカ生活情報 チップ|【オペアライフ by B.I.C】

050-5807-3293 050-5807-3293
日本国内受付 10:30~17:00 (定休日:年末年始)

アメリカ生活情報

アメリカ生活情報

チップ

アメリカにはチップの習慣があることは、皆様ご存知でしょうが、どういう時にどのくらいの金額を渡すのが妥当かご存知ですか。チップとはサービスを受けた時に渡す感謝の気持ちで、このチップがあるため、レストランのウェイター・ウェイトレス、タクシー運転手や、ヘアサロン、ホテルのドアマンなどは給与を低く設定されています。アメリカでのオペア留学を心より楽しむためにも、チップについて覚えておきましょう。

チップ

アメリカのチップについて

アメリカにはチップの習慣があることは、皆様ご存知でしょうが、どういう時にどのくらいの金額を渡すのが妥当かご存知ですか。チップとはサービスを受けた時に渡す感謝の気持ちで、このチップがあるため、レストランのウェイター・ウェイトレス、タクシー運転手や、ヘアサロン、ホテルのドアマンなどは給与を低く設定されています。アメリカオペア留学を心より楽しむためにも、チップについて覚えておきましょう。

<レストランのウェイター、ウェイトレス>

レストランのチップは、TAX(税金)を含めた金額の15&〜20%が相場。バイキングやデリバリーの場合は15%、高級レストランの場合は25%、ファーストフード店ではチップは不要です。支払はウェイターやウェイトレスを呼び、テーブルでおこないますが、すでに伝票の中にチップが含まれていることもあります。チップが含まれているときは、「GRATUITY INCLUDED」のスタンプが押されていたり、「GRATUITY」「TIP」「SERVICE CHARGE」「S/C」の項目に金額が書かれていたりしますので、支払わなくて大丈夫です。分からない時は、「Is your tip included?」と尋ねてみましょう。
よく行くレストランがある場合は、少しチップをはずむようにすると、サービスが変わってきます。

<ホテル>

アメリカオペア留学中に、休暇をもらい旅行に出掛け、ホテルを利用することもあるでしょう。
ドアマンは、玄関のドアを開けたりスーツケースを車から運び出してデスクに運んでくれたりします。チップは荷物1つにつき1ドルが相場。
ポーターは、ロビーから客室まで荷物を運ぶ人です。荷物1つにつき1ドル〜2ドルが相場。部屋でエアコンなどの使い方も説明してくれます。
ホテルによっては、ドアマンがポーターを兼ねているところも。
お部屋の掃除やシーツ替えをおこなってくれるハイスキーピングには、1ドル〜5ドルをナイトテーブルに置いておきます。部屋を汚してしまった場合は多めにおきましょう。
駐車場に車を入れたり出したりするサービスを行なうパレットパーキングには、2ドル〜5ドルが相場です。ホテルやホテルレストランのグレードにより金額が異なります。
コンシェルジュには3ドル以上。取りづらいショーを取ってくれた場合は、チケット代の10%が基本です。

<タクシー運転手>

タクシー運転手には、料金の10〜15%のチップを渡しましょう。セントは切り捨てもしくは切り上げしてください。スーツケースなどの荷物の出し入れを手伝ってもらった際は、荷物1つにつき1ドルのチップを支払います。
空港のシャトルドライバーも、荷物の積み下ろしを手伝ってくれた際は荷物1つにつき1ドルです。

<エステ・ヘアサロン>

エステやヘアサロンの場合は、代金の15%〜20%が相場。施術してくれるのがオーナーの場合は、チップは不要です。

チップの注意点

チップは、金額さえ間違っていなければ問題ないと思っている方も多いですが、実は細かな決まりがあります。
まず、小銭での支払いはNG。必ず1ドル札以上のお金を渡しましょう。
また、サービスが悪かったからチップを払わないと言う方もいますが、アメリカ人はそんな場合でも10%ほどのチップをおいていきます。また、マネージャーを呼び何が不満なのかを説明する必要があります。
日本人が働いているレストランやエステなどで、うっかりチップを忘れてしまう方もいます。忘れないように注意してください。