アメリカ生活情報 携帯電話|【オペアライフ by B.I.C】

050-5807-3293 050-5807-3293
日本国内受付 10:30~17:00 (定休日:年末年始)

アメリカ生活情報

アメリカ生活情報

携帯電話

私たちの生活に欠かせないものとなった、携帯電話。アメリカオペア留学を利用して語学留学する際に、携帯電話事情が気になる方も多いのではないでしょうか?
留学生活をより充実させる心強い味方、携帯電話についてご案内いたします。

携帯電話

アメリカの携帯電話会社

日本で携帯電話と言うと、筆頭に上がるのが、docomo、Softbank、auは、Verison、AT&T、Sprint、T-Mobileがメジャーです。当然ですが、4社では、それぞれ扱うサービスや商品が異なります。

ポストペイド契約とプリペイド契約

アメリカでは契約方法に、ポストペイド契約とプリペイド契約の2種類があります。

<ポストペイド契約について>

ポストペイド契約とは、毎月のお支払に、基本使用料と実際に利用した通話料や通信費が発生する契約です。通話・メールし放題で、webは1GBまで高速利用などの契約方法がメジャー。2年契約が多く、期間内に解約するには解約金が必要となります。
アメリカでの与信履歴がないと契約が結べないケースも。契約すると、機種代金が割引になるなど、サービスがあります。

<プリペイド契約>

プリペイド契約とは、毎月事前に料金をチャージする契約方法です。目安としては、30ドルあれば通話やメールが充分使用できるでしょう。インターネットも利用したい方は、40〜80ドルの支払いが一般的です。 解約金なしで、いつでも解約することができ、アメリカではプリペイド契約の方が一般的です。 2年以内に帰国する可能性があるオペア留学では、プリペイド契約をしている方が多いです。

日本の携帯電話は使えるのか

今使っている携帯電話をそのまま使いたいと思っている方も多いのではないでしょうか。その際、主に3つの方法が主流となります。

<国際ローミング使用>

こちらは短期留学の方にはおすすめですが、1年以上アメリカに滞在するオペアの皆様にはあまりおすすめできません。と言うのも、発信・着信のどちらにも費用がかかり、使用料が非常に高くなるからです。

<アメリカのSIMを利用>

日本の携帯会社でSIMロック解除をおこなってもらい、アメリカの携帯電話会社のSIMカードを使う方法もあります。この方法では、日本の電話番号を保管する手続きやSIMロック解除料が必要です。また、日本の機種では高速通信が使えないケースもあります。
また、docomo、Softbank、auでは、iPhoneのSIMロック解除は承っておりません。

<海外携帯電話レンタル会社を利用>

日本の携帯会社でSIMロック解除をおこなってもらい、アメリカの携帯電話会社のSIMカードを使う方法もあります。この方法では、日本の電話番号を保管する手続きやSIMロック解除料が必要です。また、日本の機種では高速通信が使えないケースもあります。
また、docomo、Softbank、auでは、iPhoneのSIMロック解除は承っておりません。

アメリカの電話事情

スマートフォン

日本では、携帯電話は090もしくは080から始まる番号ですので、一目で「携帯電話だ」と分かります。しかし、アメリカではこの違いがなく、電話番号を見ても携帯電話なのか固定電話なのかわかりません。
しかも、面白いことに、携帯電話の番号をそのまま固定電話の番号に変更できますし、その逆も可能です。
また、回線を停止した場合、他の人に自分の携帯番号が使われ、回線開始する際に同じ電話番号を使えないこともあります。停止期間が30日を超える場合はご注意ください。これは、不正利用されているわけではなく、アメリカの法律で、30日使ってない電話番号は無作為に割り当てられてしまうのです。
なお、前の利用者のせいでスパムメールや迷惑電話があまりにもひどい場合は、携帯番号を変えてもらってみてはいかがでしょう。

スマートフォン