アメリカ生活情報 アメリカの住宅事情|【オペアライフ by B.I.C】

アメリカ生活情報

アメリカ生活情報

アメリカの住宅事情

アメリカで語学留学をしたいけれど、住宅事情はどうなのだろうと不安になる方は多いでしょう。今回は、アメリカの住宅事情についてご案内します。

アメリカの住宅事情

■アメリカの高騰する家賃

アメリカの賃貸価格は、数年前から一気に高騰。特に、ロサンゼルスやニューヨーク、サンフランシスコ、ボストンなどの人気都市では、非常に高い家賃に中流階級の人々が家賃を払えなくなり、郊外や物価の安い地域への引っ越しを余儀なくされています。
普通に語学留学をすると家賃について悩むケースが多いですが、オペア留学なら家賃の心配は不要。ホストファミリーの家でベビーシッターをしながら語学の勉強をすることができます。
ホストファミリーは経済的に豊かな方ばかりなので、安心してベビーシッターと語学留学に力を注いでください。

■治安の良い場所で暮らしたい

アメリカに語学留学するとなると、誰もが「治安の良い場所で暮らしたい」と思うものです。オペアなら、そんな希望が叶います。
ホストファミリーは経済的に余裕があり、ホストファミリーの責任を果たすことができる方ばかり。さらに、ビザスポンサー団体の個人面談を受け、生活診断の保証や経歴調査でも信頼できます。
治安の良い場所で生活しているホストファミリーのご自宅で、充実した留学ライフが待っています。

■知識不足でも何とかなる

日本とアメリカの住宅事情は驚くほどに違います。そのため、いきなりアメリカで一人暮らしをはじめると、泣く目にあうことも。
ですが、オペア留学ならホストファミリーと一緒に住むので、困ったことがあればすぐに相談して解決することができます。
例えば、アメリカでは家に不都合ができたとき、不動産屋などの管理会社や修理請負会社に連絡しても、なかなか対応してもらえません。何も知らなければ「どうして修理にきてもらえないのだろう?」と悩むことになりますが、オペアなら「修理はなかなか来ないだろうから、簡単に私達で修理しておきましょう」となるのです。うまくいけば、知り合いの修理会社に連絡してすぐに直してもらえるということも。

■シェアハウス

他人と一緒に暮らせるのか不安で、オペア留学やホームステイをあきらめる留学生がいます。しかし、アメリカはルームシェアをする方が多いです。高い家賃を安く抑えることができるのが特徴ですが、それならオペア留学でも良いと思いませんか?
ちなみに、シェアハウスは学校から近くの一軒家を借りて、複数の人と一緒に生活します。騒がしそうなイメージですが、誰もが同居人に迷惑をかけられたくないから、逆に迷惑をかけないようにしようと考えている方が多いのです。干渉しあわない関係性を築くことができますが、ハウスによっては同居人が仲良くパーティーをするところも。オペア留学後にシェアハウスをして語学留学したいと考えている方は、自分の性格に合ったハウスを探すことをおすすめします。